パチンコ店のアルバイトは稼げるの!?

パチンコ店のアルバイトは稼げるの!?

パチンコ店では常にアルバイトを募集していることが多いですが、これには理由があり、長く定着する人が少ないからです。

ここではその主な理由と共に、パチンコ店でのアルバイトの特徴を挙げていきます。

パチンコ店のアルバイト内容とは?

パチンコ店のアルバイト内容とは?

パチンコ店で募集しているアルバイトは、主に3種類に分かれます。

1つはホール係と呼ばれる役目で、お客さんが玉が詰まった時に対応したり、大当りの時にドル箱の上げ下げを行う仕事です。景品カウンターに入ることもあり、これは客の立場でパチンコ店に行くとすぐに分かると思います。

そして、次に掃除係です。これは開店前や閉店後だけの場合と、営業時間中にも行う場合があり、各台の灰皿の掃除から、床の全体的なポップ掛け、ゴミ箱の整理、トイレの清掃などが主な仕事です。仕事内容から、お客さんの対応を行うことはありません。

最後にコーヒーレディと呼ばれる、各台にコーヒーを売りに来る役目があります。これはその名前からも分かるように女性限定の仕事で、お金ではなくパチンコ玉やコインで販売するのが特徴です。

ホール係は重労働です

ホール係は重労働です

パーソナルシステムが導入されていないお店では、お客さんが大当りをする度にドル箱の上げ下げがあります。これは実は大変な重労働で、1箱約10キロ程度もあるドル箱を1日に何度も上げ下げしていると、そのうち腰を痛めてしまうのです。
それによって辞めてしまう人が大変多く、パチンコ店のアルバイトが長続きしない一番の原因はここにあります。

ドル箱を使用しないお店ではそのようなことはありませんが、何よりあの大音響の中で毎日仕事をしていると、今度は耳がおかしくなってしまうことがあります。これによって辞めてしまう人もいるので、どうしても長続きするような環境ではありません。

何より原則的に休憩時間以外は常に立って動いていなければいけないので、いずれにしても体力的にとてもきついのは間違いありません。

短期間で稼ぐ仕事がパチンコ店アルバイト

短期間で稼ぐ仕事がパチンコ店アルバイト

パチンコ店のアルバイトは、その時給が最大の魅力だと言っていいでしょう。時給にして1200円以上も貰えることが多いので、短期間で一気に稼ぐにはうってつけのアルバイトです。

ですが、上記のように過酷とも言える環境で働かなくてはいけない為、長く勤務するような仕事ではありません。掃除係やコーヒーレディの場合はまた別ですが、一番多く募集しているのはやはりホール係です。これをやってみようと思った時には、それなりの覚悟をもって臨んでください。

また、パチンコ店でアルバイトをしていたことがあると、次のパチンコ店にも採用されやすいという特長があります。これは、お店が変わってもやることはほとんど変わらない為です。

アルバイトを辞める時には…

アルバイトを辞める時には…

元々挙げてきたような理由から、離職者が大変多い職種なので、他の仕事と比べてすぐに辞めることができるとも言えますが、いざシフトに入ってしまうと、急に辞めてしまっては他の人に迷惑を掛けてしまいます。
いくら辞めやすいと言える職場ではあっても、辞める時にはそのようなことも考えないといけないので、これはパチンコ店のアルバイトだけに限った話ではありませんが、辞めると決めた時にはある程度先にそれを伝えることが大切です。後腐れだけはないように気を付けましょう。

>>【初心者必見】パチンコのやり方

パチンコ店における暗黙のルールとは?

パチンコ店における暗黙のルールとは?

同じパチンコ店にいつも通っていると、行く度に同じ顔を見付けることがあります。これはいわゆるその店の常連さんという意味で、お互いにその店でしか会う仲でしかありませんが、時にはそのような人と仲良くなってしまうケースがあります。

このようなパチンコ店で知り合いができた場合の暗黙のルールについて挙げていきます。

パチンコ玉が出ている時と出ていない時の対応

パチンコ玉が出ている時と出ていない時の対応

よほど親しくなった場合はまた別ですが、まだお互いに顔を見付けると会釈をする程度の関係であれば、相手がドル箱を積んでいる、またはパーソナルから表示で明らかに出ている場合を除き、余計なことを言うべきではありません。できれば知らないふりをした方がいいかも知れません。

自分の場合に置き換えてみればよく分かりますが、パチンコを打って打て、出ていない時に親しげにそれほどの知り合いでもない人から話し掛けられても正直なところ、面倒なだけです。触らぬ神に祟りなしとはこのことかも知れません。

逆に明らかに調子が良さそうな時には、その人も誰かに話したい場合も多いので、「出てますね」くらいの声は掛けてもいいでしょう。しかし、出玉があっても勝っているとは限らないのがパチンコです。その話し掛けたことによって、「出ているが勝っていない」と渋い顔で返されてしまったり、そこまでのプロセスを長々と語られるかも知れません。これはその人の状況次第です。

ある程度親しくなったら…

ある程度親しくなったら…

お互いに名前こそ知りませんが、親しげに話すくらいの関係になった場合、顔を見付けたらとりあえず挨拶程度は行っておきましょう。このくらいの関係になっていれば、出ていない場合でも嫌がられることはないでしょう。

ですが、このパチンコ店だけでの関係で親しくなるというのも程度が難しく、あまり親しくなり過ぎてしまうと、お金を貸してくれなどと言われてしまうことがあります。もしこのように言われた場合、これは絶対に断らなくてはいけません。
名前も知らない仲というのはもちろんですが、パチンコは立派なギャンブル場です。そのような所では例え普段より親しい仲であってもお金を貸すべきではありません。これは言ってしまえば常識です。

もしそのように言われて、それを断ったことでその後他人に戻ってしまった場合、それはそれだけの仲だったということです。

仕事について聞いてはいけません

ある程度親しくなると、つい仕事は何をしているのかといったことを聞いてしまう場合がありますが、これはやめておきましょう。仕事についてはパチンコとは何の関係もない話で、それを聞かれるのが嫌な人も多く存在します。
特に平日の日中に来ている人の場合、こう言っては難ですが、あまり人に胸を張って話せるような仕事ではないこともあるので、この仕事についての話はパチンコ店の中ではタブーです。

個人情報は話さないように!

個人情報は話さないように!

いつも行くパチンコ店にこのような知り合いが多くなると、それだけでも楽しくなりますが、場所が場所だけに、下手に個人情報を出して自己紹介をするようなことは避けた方がいいでしょう。あくまでこのパチンコ店の中だけの付き合いに留めておくことが大切です。

明らかに学生同士であればこの限りではありませんが、それなりの立場もある社会人の場合、余計なトラブルに巻き込まれる可能性も考えなくてはいけません。
もちろんパチンコ店に来ている人にそれほど悪い人がいるとは思いたくありませんが、やはり場所が場所だけに、用心するに越したことはありません。

>>【初心者必見】パチンコのやり方

パチンコのプロって存在するの?

パチプロで稼ぐ

パチンコは実質的には現金を扱うギャンブルだと言えるので、中にはそれによって生計を立てている人も存在します。

そのような人をパチプロと呼びますが、しっかりと台を見極められればそれなりに勝つことができた昔はともかく、現在ではかなり少なくなっているのが実情です。それは、現在のパチンコの勝敗のほとんどが腕だけではどうにもならないからだと言うことができます。

プロが行うこととは?

パチプロは基本的に期待値がプラスの台を打って収益を上げています。この期待値については別の記事を参照してください。簡単に表現すると、打てば打つほどプラスになる期待が高い台のことです。

例えば大当り1回当りの期待値が1000円相当の台を打ち続けると、1日に20回当てることができれば、2万円相当の出玉を手にすることができます。ですが、これはあくまで計算上の期待値であり、その通りになることは逆に珍しいと言っていいでしょう。大抵の場合は上ブレ(期待値以上の結果が得られること)や下ブレ(その全く逆)を起こします。

それが1ヶ月単位となると、かなり期待値通りに安定してくると言えますが、それくらい長い目で見ないと現在のパチンコで安定して収益を上げるのは難しいです。このように長い目で見られないと、プロとして生活をしていくのは困難です。

 

不運が重なることも…

例えば60%の確率でも、5回連続で外すこともあるでしょう。期待値上は、この場合は5回のうち3回は当たらないといけません。
もちろん長い目で見れば60%に限りなく近くなりそうなものですが、いつまで経ってもそこまで収束してくれないこともあります。確率はあくまで確率なので、どこまで続けても、その結果が保証されているものではありません。あまりに下ブレの不運が続くと、例え毎日期待値がプラスの台を打っていても、毎日マイナスになるかも知れません。

このように、パチンコで安定して収益を上げるのはかなり難しいと言えます。プロとしてパチンコを生業にする場合、この安定性に欠けるところが一番のネックになります。その為、ある程度の資金は確保した上でないと、下ブレによってすぐにそれが尽きてしまいます。

 

そもそも勝てる台がないことも

また、期待値がプラスの台がいつもあるとは限りません。お店によっては全くそのような台を置かないことも珍しくないので、パチプロも楽ではありません。

そもそも期待値がプラスの台を見付けるには、それなりに色々な台に投資をする必要があります。その分も回収しなくてはいけないので、ようやく多少プラスになるという台が見付かっても、実質的な日当分にもならないことも珍しくありません。

現在のパチンコ台は、止め打ちという要素によって多少得をできることはありますが、それだけで確実に勝つことができるほど甘くはないのです。逆に言うと、それくらいしか腕の違いを発揮することができないので、勝敗の大きな部分が運頼りになっていると言っていいでしょう。

 

パチンコやパチスロは遊びとして楽しみましょう

パチンコが好きな人にとって、このパチプロは憧れの存在かも知れませんが、そう甘い世界ではなく、それを目指すようなことは決しておすすめしません。パチンコはあくまで遊びとして楽しむものだと考えてください。

パチスロの場合は台によっては、空いた後の連チャンの残りや天井を狙うという作戦がありますが、これらは少し打ったことのある人なら誰でも考えることなので、それだけで生活がしていけるほど甘くはありません。こちらの場合も遊びの範囲で打つのが正しいと言えるでしょう。

>>【初心者必見】パチンコのやり方

>>【初心者必見】パチンコの勝ち方